松野のこだわり

京料理の味を支える京醤油 ― 代々の製法にのっとった昔からの蔵造り

洛北鷹峯は、安土桃山のころ秀吉の築いた“御土居”の北辺にあり、江戸時代には本阿弥光悦が家康より屋敷地として拝領し、芸術村をつくったところです。又、丹波、若狭からの京への街道として古くから栄えていました。

松野家はその街道に安土桃山のころより居を構え、七代松野新九郎乾重は御所に仕える傍ら、1805年(文化2年)醤油の醸造を手がけることとなりました。以来、松野醤油では昔の醤油と同様に代々の製法にのっとって昔からの蔵で造っており、地元はもちろん、遠く丹波でも愛用されて今日に至っています。

さしみ醤油

画像:さしみ醤油

昔づくりさいしこみさしみ醤油は、麹を塩水に仕込んで一年熟成させた生醤油に、もう一度麹を加えて約二年間かけて熟成させた醤油です。
味がまろやかでコクがあり、塩分も低くおさえ、さしみはもとより、かけ醤油や煮物にも御使用いただけます。

  • 商品ページへ

こいくち醤油

画像:こいくち醤油

昔づくり濃口醤油は、昔からの製法で造りあげた本醸造醤油で、かけ醤油として、又、煮物その他、何にでも巾広くご使用いただけます。

  • 商品ページへ

うすくち醤油

画像:うすくち醤油

昔づくり淡口醤油は、昔からの製法でつくりあげた本格的な淡口醤油で、煮物などには最適で、色がつかずにおいしい料理が出来、材料の持味を生かす京料理には欠かせない醤油です。

  • 商品ページへ

ページトップへ戻る